BLOG

夏の冷え、むくみ、ダル重い脚

「暑い暑い」と聞き飽きている頃でしょうか。

今年の夏は冷房を使わない日はありませんね。

暑すぎる外の気温によって

部屋の中はクーラーがんがんに利かせていますよね。

 

そのせいで

やっぱり

冷えてますよね。

 

足首

腰回り

おなか

 

冷房による冷えは体の芯から冷えるようです。

体の中まで温めるのは時間がかかるのに

冷房による体の冷えはあっという間に冷え冷え

そして

なかなか元に戻りにくいです。

からだの保温機能ってすごいなあと思ってしまう位

冷えた体はなかなか手ごわい。

 

多少の長風呂などでは、なかなかよくなりません。

 

冷えた脚はむくみますよね。

こむら返りになりやすかったり

足が冷えて眠れない

ダル重

 

足が太くなる

 

冷えた体の中では

血行やリンパの流れも滞りがち

 

そういう時こそ

コアヒートがあるんです!

 

深部加温ができるコアヒートなら

ラジオ波により

体の深部から温まり始めます。

滞りがちな血流が促されることで

どんどんポカポカしてきます。

しかもこのポカポカは持続力がある!

 

「エステ後4日くらいはポカポカが続いた~」というお声を頂きます。

そして回を重ねるごとに冷えにくい体になってくる

むくみにくい体になっていくのがコアヒートの良いところ

どうしてコアヒート後のポカポカには持続力があるのでしょうか

通常の温活というと

半身浴や岩盤浴、サウナなどが思い浮かぶと思います。

当サロンでも行っているよもぎ蒸しも温活として挙げられますね。

 

コアヒートと他の温活の違いは

温まり方なんです。

 

通常の温活は体の外側から温めます。

外側から温まり始めることで

体の奥に熱が届く前に、暑さに耐えられなくなってしまいます。

体の表面から温まることで

熱がすぐに冷めてしまいます。

 

一方コアヒートでは

ラジオ波により体の深部で細胞同士を振動させることによって

熱を発生させます。

熱源は自分の体なのです。

さらに体の表面は冷えているようでも

体の奥深くが温まることで巡りが促されます。

体の中から発生した熱は

そう簡単に発散されませんので

ポカポカが長く続くんです。

 

「体の中から温まってくる不思議な感じ」に虜になる方続出!

冷えをあきらめていたけど

むくんでいるのはいつものことだと思っていたけど

サリーちゃんの足と言われてきたけれど

という方にこそコアヒートは喜ばれています。

 

そう、この写真実は同一人物なのです。

 

冷え性は冬だけの問題ではありませんよね。

「脚細くなったー!」

「寝るときの靴下いらなくなったー!」

「だるさがなくなったー!」

という体験を

ぜひこの夏に始めてくださいね!

 

コアヒートキャンペーンメニュー